ブログ Lanchester’s Blog

確定申告

2016/02/28

確定申告期間は2月16日〜3月15日までの1ヶ月。

1年間にあった様々な出来事のうち、税法で決められているものについて申告するというもの。

パソコンから申告が出来るようになったので、ご自分で出来る方もいらっしゃいます。

申告書作成に関して、税理士の存在は必ずしも必要ではないかも。

これからは、申告書はご自身で、それに至るまでのご相談は専門家へ、という風になりそうです。

ルールが変わればツールが変わる・・と言いますから。

会社のパワーアップに必要な「社長の奥様」

2016/02/27

2014年の10月から1年間、経営や人間関係を勉強する機会を設けたところ、

社長の奥様にご参加いただき、次のようなメッセージをいただきました。

 『これまでは自分自身で勝手に見切りをつけている所があったり、勝手に諦めて

  いる所がありました。会社の経営に関しても、自分自身の事も・・・。

  しかし、希望を書くことで、夢と思っていた事に現実味が出てきたみたいです。

  また、講座を受けたりアドバイスをもらう事によって、今まで気付かずにいた事に

  気づけるようになりました。

  受講して一番よかった事は、社長(主人)の事を心から尊敬する様になりました。

  私の想いが伝わるのか、主人もより自信を持って仕事に励んでいます。』

社長を尊敬する奥様がいる会社。伸びないはずはありませんね。

同じ講座が4月から始まります。

確定申告期の納税相談

2016/02/23

2月16日から「平成27年分の確定申告」が始まっています。

税理士はこの時期、各地で開催されている税金の無料相談会場に行き、一日缶詰状態です。

今日がその日で、網干まで行ってきました。今日の担当は電子申告の方の確定申告。

23名の税理士が待機していたのですが、午前も午後もずーと相談者の方がいました。

長い時間待たれた方もいました。還付申告の方がほとんどで、税金の還付はなぜか嬉しい

ですね。喜んでいただきました。

税理士の役割とは?

2016/02/21

社長さんが新しい事業の展開を考える時、社長さんの頭の中と税理士の認識に違いがあります。

この違いが小さいうちはお互いの理解の範囲内で、

社長さんと税理士が本音で話しているうちに打つ手の合意が出来てきます。

合意があると、社長の行動と帳簿の数字に合点がいき、信頼関係がより緊密になってきます。

時には、この違いが大きい場合、大きすぎる場合、があります。

社長の壮大な事業計画に税理士(私)がついていけない時です。その時、本当に社長の役に立つ

にはどうしたらいいか・・・を考えます。例えば「これまでにない借入額」に

「ドクターストップ」を伝えたり、細かい事まで聞いてしまったり、です。

つまり、社長にとって聞きたくない話をすることがあります。

これをする時、こちらも緊張します。なにより社長を信じているから言えます。「信頼関係」が

前提です。私が考える税理士の真の役割は「社長との信頼関係を作ること」だと思います。

もちろん、ご依頼いただいているお仕事はちゃんとできていることは当たり前ですね。





住宅ローン金利

2016/02/20

日銀のマイナス金利政策で、都市銀行に預ける金利が下がってきました。

それに追随して、住宅ローンの金利も下がっています。固定で0.895%のところも。

私の家は変動金利ですが、それより低い固定金利です。

あなたのお家、住宅ローンがあるのなら一度チェックしてみたら?



今の自分に出来ること

2016/02/19

自分のしたいことがだんだん・・、日に日に・・、より明確になっていく感じです。

その感覚を自覚するって結構「快感」です。

何も変わらないので、外からは全く分からず、誰も気がつかない(笑)

ところが、自分の中では「自分」が確立していく感じ。今の自分に出来ることを心を込めて、

楽しんで・喜んで・感謝してやっていくだけ、という気持ちになってきました。

今、いろんな場面で関わっている人たちすべてにそう思います。

あなたが望むことで私にできることを伝えてください。お手伝いします。

そう思っていたら、望むことを伝えてくださる方が現れました。

心を込めて、お手伝いさせていただきますね!

社長の奥様で経理を担当されている方に向けて・・・

2016/02/16

数年前に「社長の奥様で経理を担当されている方」の講座をしました。

ランチェスターの財務戦略に沿って会社の数字の見方、経営戦略の基本的な考え方、などを

一緒に勉強しました。その講座が復活しま〜す。

今回は財務だけでなく、人間関係やリーダーシップ、コーチングなども加えて、

パワーアップしての復活です。

詳しいことはまたお知らせします。

テーブルの水

2016/02/15

もし、テーブルに水がこぼれていたら・・・あなたはどうしますか?

1.すぐ気が付いて、すぐ拭く。

2.気が付くけど、拭かない。

3.水がこぼれていることに気が付かない。

このことはいろんな面に表れてきます。

1の人は、よく気がついて実行力のある人。2の人は、分かっているけど実行しない。

実はなかなか変われない人。3の人は周りが見えてない人。

この中では、変われない人を変えるのは大変なことですね。もし、自分が2だとしたら、

それを自覚することで変われるチャンスです。最初はほんの少しですが、それでOkです。

1の人を目指しましょう。目指すことが大切です。

記念日の数々

2016/02/14

 2月23日 工場夜景の日(全国工場夜景都市)

 3月 4日 バームクーヘンの日(ユーハイム)

 6月 4日 蒸し豆の日(小倉屋柳本)

 7月22日 ナッツの日(日本ナッツ協会)

10月 1日 日本酒の日(日本酒造組)

10月10日 ワンカップの日(大関) などなど。

記念日って申請して認定してもらうことが出来るのですね!

日本記念日協会・・というのがあって、そこに申請を出して許可をもらうらしい。

あなたの記念日、いうですか?

「治る」とは「変わること」

2016/02/12

タイトルにある「治るとは変わること」は、『病気は脳がつくっていた』という本の

最初にかいてあります。本を書いているのはお医者さんで、一番困る患者さんは「人って

なかなか変われない」と思っている人だそうです。

会社の病気も同じです。社長が変われば会社が変わりますが、なかなか難しい。

身体の病気と会社の病気、きっと共通点があると思います。

読んだら報告しますね。