ブログ Lanchester’s Blog

とりあえず・・・

2015/03/31

社長様やビジネスマンと話をしていると、「とりあえず・・」が口癖になっている方が

多いのに気づきます。

営業で、お客様の選択肢が3つあったとします。

解かりやすくするために、社長の実力を上げるための提案をしているとします。

社長の実力を上げるには3つの要素があります。

1.学習する教材 2.学習する時間 3.そのために準備する予算 です。



一番確保が難しいのが「学習する時間」です。

そこで、営業マンが、「とりあえず・・時間をつくられませんか?」と提案した場合と、

「まずは、そのための時間を作りましょう。次に・・・」と話が続いていく場合では、

違ってきます。どちらがいいかは、その時々で変わってきますが、

言葉の選択肢は多い方が影響力を発揮できます。

「とりあえず・・・」、「まずは・・・」、「では・・・」、ほかにもあると思います。

知っている方がいらしたら、教えてくださいませ。



三十日参り(みそかまいり)

2015/03/30

神仏をお参りするとき、三十日参りがいいそうです(2月は28日)。

今日がその三十日(みそか)です。

しかし、行きたいけど行けない事情が・・・・・・・・。

で、明日お参りすることにしま〜す。

お参りした時に、この1ヶ月の感謝を報告します。

行ったときに忘れないように、感謝は昨夜遅くに携帯のメモ欄に書いてみました。

10個はすらすら出てきました。

まだあるのですが、眠くなったので「昨日はこのくらいに」しました(笑)

感謝するといいことがあるといいますが、本当でした。

さっき、新しいご契約をいただいたのです! うれしいです!!









社外相談役

2015/03/29

社外に、なんでも相談できる幹部社員のような人がいたらいいなぁ

と思ったことはありませんか?

社外というのが、いいのです。なぜなら、

・いつでもクビに出来て、

・社会保険が要らないからです。

おまけに、

・社長のことを理解していて、

・社長の成長を一番信じていて、

・たぶん・・・・・なんでも話せて、

・社長が本当に欲しいもの(こと)が手に入るようにサポートしてくれる。

そんな人がいたら、あなたは会ってみたいですか?





コーチングは質問力??

2015/03/28

コーチングは目標を持っている人をその目標へ連れて行ってあげる技術だと聞いてきました。

そして、そのために質問力が大事だと教えられました。



今、私の中で変わってきたことがあります。



目標に向かっていくのは、目標を持っている本人です。

どんなに優秀なコーチでも、連れて行ってあげることはできません。

伴走することしかできないのです。伴走しながら、目標をさらに明確にできるように

サポートするこになります。

そのサポートで一番重要なのが信頼関係です。信頼関係がないと、本当の事が聞けません。

何を話しても安心だという前提があるから本当の事が話せます。心が開いてきます。

コーチングは、信頼関係の上に成り立ちます。質問が受け入れられる状況になります。







すごい! 引寄せる力

2015/03/27

先日「ザ・シークレット」のDVDを見たときに、ある社長さんのことが浮かびました。

そこで、一緒に見ようと思い、お誘いしました。

23日(月)13:00過ぎからDVDを一緒に見ました。

自分のなりたい姿について、お互いにいっぱい話しました。

すぐに社長様からお葉書が届き「〇〇になることを決めました!」と書いてありました。

そしたら、さっき27日(金)10:00頃にお電話がありました。

「〇〇に任命されました」って。26日の昨日、連絡があったそうです。

〇〇には、いつかなったらいいけど、なれなくてもしょうがないと

ずーと思っていらしたご様子でした。私はもったいないなと思っていました。

この社長さんは普段からすごい能力を発揮していらっしゃいます。

引寄せ力もすごかったです。私の知る限り「最短」です。





大きな問題と小さな問題

2015/03/26

私たちが実際に取り組めることを考えてみると、どちらでしょう?

学校のいじめをなくすことについて考えること と 隣の席の子に優しく接すること

企業の成長戦略をどうするかについて考えること と 自社のお客様の喜ぶものを提供すること

すぐ取り組めることから始めていくと、大きな問題が解けていくようになります。

問題だと思ったら、取り組める段階まで小さくしていくと、

解決が早くなります。



世界と日本で今起こっていること

2015/03/25

独立系シンクタンクとして活躍している藤原直哉氏が、福岡で講演されたDVDを

縁あって拝見しています。

藤原直哉氏は、経済・政治・国際情勢に詳しいので、最近起こっている事について、

解説しています。新聞で読んだことが点としてありましたが、それぞれの点がつながり、

線になっていく感じです。



アベノミクスの波及について、イスラムについて、スイスと日本の共通点について、

その他のことについて、語っています。

新聞・テレビで見聞きする事と、視点が違うので引き込まれました。



そして、今までもそうですが、これからはもっと、

自分で考えて自立できる会社になっていないと、なかなか難しいとのこと。

また、世界も視野に入れて考えること。



世界情勢について、時々触れる機会をもとうと思いました。



一言添えてみたら・・・

2015/03/24

月次で会計を見させてもらっているお店のマスターと経営について話していると、

こんな話がありました。

「いつも来てくれるお客様なので『カフェラテでよろしいですか?』と私のほうから言うんですよ。

 そのお客様はいつもカフェラテをご注文されるのでね」と。



そこで、実験をしてみました。とても簡単な実験です。



「カフェラテでよろしいですか?」と聞かれた場合、

「いつものカフェラテでよろしいですか?」と聞かれた場合、どちらが耳に心地よいでしょうか?



実際に私がマスターになって、声に出して実験してみたら、お店のマスターはこう言われました。

「いつものカフェラテ・・・のほうがいいね!」って。



お客様になって体験してみると、よく分かります。

いつも使っている言葉に一言添えてみると、お客様にもっと伝わる言葉に変身するようです。





問題を正しくとらえ直す

2015/03/23

いま話題の本「0ベース思考」を読んでいます。

どんな難問もシンプルに解決できる・・とのこと。

大食い大会で何度も優勝している小林尊氏の話が出ています。

アメリカであったホットドック早食い大会に参加し、見事優勝しました。

12分間にホットドッグをたくさん食べた人が優勝します。

これまでの最高は「25本と8分の1本」小林氏はなんと50本食べたそうです。

何が違ったのか??

ライバルたちは「ホットドッグをもっとたくさん食べるにはどうする?」と問いかけ、

小林氏は「ホットドッグを食べやすくするにはどうしたらいい?」と問いかけました。

この問いによって、通常では考えられない食べ方で50本のホットドッグを食べ優勝。

目標を達成するために、問題を正しくとらえ直した結果です。



想定外の反応に・・

2015/03/22

自分のしてほしい反応が返ってこなくて、

想定外・・というより想定したくない反応が返ってくる。

心の中で、思わず「そんな〜!?」と叫んでいる。

別の自分が、すべてを包み込めたら、すべてを受け入れたら、また一歩成長した自分に

なっているよ・・と言っている。

もう一度、自分の目標を確認しよう。

目標を達成している自分から、今の自分を見たら、

想定したくない反応は「ギフト」のようです。

なんでもいいので、ちいさな一つから受け入れることのようです。

あなたはそんな経験、そんな感覚、ありませんか?